未分類

【解説】テレアポが上手い人の特徴とは?現役テレフォンアポインターが解説

今回はテレアポでアポイントが取れる人、上手い人を解説します。テレアポで上手い人と苦手な人は何が違うのでしょうか?現役でテレアポしている方に聞いた内容を記載したいと思います。

テレアポが取れない人の特徴

アポが取れないとすぐに落ち込んでしまう

アポイントが取れない人は、取れない日が続いてしまうと落ち込んでしまい、自分にはセンスがないのではないかと思いこんでしまう人が多いです。どんな日でも、どんな相手でもアポイントが取れる人はいません。アポイントが取れない人でも、きっちりと気持ちを切り替えて次のチャンスが来るまで、架電をすることが大事です。

架電数が少ない

電話を掛けている数が少ないと、アポイントの取得率が必ず低くなってしまいます。

自分に課せられている目標、もしくは自分が立てた目標を下回らないように、1時間ごとに数字を記録しておいて、管理するなども良いでしょう。また、架電スピードを落とさない為に、アポイントが取れないと判断した相手に関して、すぐに電話を終わらせることも重要になります。やはり、興味のないお客様相手に時間を割いてもアポイントが取れる確率は高くありません。架電数を落とさない為にも、粘れば成功する相手と粘っても難しい相手の判別をつけることも重要になります。

架電後に原因分析をしない

アポイントが取れない人は、自分がアポイントを取れなかった電話や、1日の終わりに原因の分析を行いません。テレアポイントでは、相手の課題への適切な訴求な一番大事な要素です。どんな商材・サービスにもメリットを感じるお客様と、興味がないお客様がいます。自分の商品は「誰が」「なぜ」「どんな時に」欲しいのか、深く考えることが大事になります。また、大抵のお客様は、自分がテレアポをしている商品のどこがダメなのか、教えてくれないまま電話を切られてしまうケースがほとんどですが、中には自分の会社にはなぜ価値を感じていないのか教えてくれるお客様もいます。貴重な意見はぜひメモをしておき、分析に役立たせることが大事でしょう。

テレアポが上手い人の特徴

メンタルが強い人

テレアポでアポイントが取れる人は、メンタルが総じて強い方です。テレアポはアポイントを取得するよりも断られる回数が多い仕事です。やはり断られるからといって、一喜一憂して落ち込んではいけません。常に平常心で架電をし続けられる人が向いてます。また、メンタルが強い人は生まれつき強い方もいますが、大半の方は業務を通じて、メンタルが強くなった方がほとんどです。自分の性格やメンタルは一朝一夕で変わるものではありません。業務の失敗や成功を多く経験して、テレアポの業務自体の理解を深めることも大事ですし、その暁には、大きな自信となり強靭なメンタルが手に入るでしょう。

コミュニケーション力がある人

テレアポイントが取れる人は、コミュニケーション能力があります。コミュニケーションとは「対人間での情報共有や意思の疎通」のことであり、コミュニケーション能力は、それらををスムーズに行うことができる力のことになります。ですので、必ずコミュニケーションは双方向でやり取りするものになります。「外交的な人」が必ずしもコミュニケーション能力があるという訳ではありません。話す力も大事ですが、聞く力がより重要です。

相手の状況が把握できる

テレアポが取れる人は、相手の状況や反応を見逃さない人が多いです。

電話越しですが、相手の返答、反応、うなずき、息遣いなど全て感じ取り、「相手が何を思っているのか」を注意深く聞き取るコミュニケーション能力が大事といえるでしょう。

俗に言う空気が読めるかどうかである。お客様の反応や状況を把握しながら会話ができる人が向いているでしょう。

アポイントを取るためのコツ

自分から断られる状況を作らない

テレアポの会話中に自分から「今、お忙しいでしょうか」「アポイント頂くのは難しいでしょうか」などと下手に出て過ぎてしまうのはNGです。
そもそもテレアポはお客様の状況もわからず、こっち都合で電話をしているので
そこでかしこまる必要はないです。どうしても忙しい時は、お客様から断ってくれます。

冒頭説明は簡潔にする

電話を切られたくないという気持ちが強くなるあまり前置きが長くなっておりませんか?もちろん最低限のマナーは必要ですが、あまりに冒頭の説明が長くなるとお客様はテンションが下がってしまい、これは逆効果です。大切なのは、要点を簡潔にお伝えし、お客様の信頼を得ることです。

導入メリットを提示する

アポイントが取れないテレアポインターほど、「こちらは素晴らしいサービスなんです」「こちらはすごく人気なんです」などと主観的な感想ばかりを伝える傾向にあります。

数字やデータ、客観的な事実をトークに織り交ぜて離すと説得力が格段に上がります。

「お客様に導入して頂き、売り上げ〇%伸ばすことが出来た」「改善率〇%」など具体的な数値を用いて話すことで説得力が増して、アポイントも取れやすくなるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

テレアポが上手くなるためには、一朝一夕では身につかない技術や意識などが必要です。ビジネスのスピードを上げるためにも、テレアポはプロに任せるというやり方もあります。

トライアルプランなども準備してますので、ぜひ一度詳細をお問い合わせしてみてください。

ABOUT ME
Jun
SWEEKの執行役員。 外資系人材営業、半導体商社営業を経てSWEEKにジョイン。 B2B営業の外資系企業へのテレアポ経験や当社での立ち上げ当初の顧客は全てテレアポで開拓。現在は、Webマーケティング業務に従事。