テレアポの悩み

【テレアポは辛い】テレアポが大変な理由と習得のコツを紹介

そもそもテレアポとはどんな意味でしょうか?

そもそもテレアポとはどんな意味でしょうか?

テレアポとはテレフォンアポインターの略で、電話をかけてアポイント(商談)の約束を取る人です。お客様にアポイントを取って頂く理由とサービスの価値を説明し、価値の合意を取り日程の調整まで行います。

カスタマーセンター、インサイドセールスとの違い

テレアポはカスタマーセンターやインサイドセールスと混同されることがあります。それぞれの意味は以下の通りです。

カスタマーセンター:お客様からの電話での問い合わせ対応業務。受電業務。

インサイドセールス:アポイント取得業務含む見込み顧客の育成業務全般。内勤営業。

テレアポ業務自体は、アポイントの取得のみとなりますので業務上のゴールは基本的には「お客様とのアポイント取得業務」となります。

テレアポ業務が大変な理由

ほとんどの電話が断られる

テレアポはお客様と約束をして、電話をかけているわけではありません。

急に電話がかかけ、お客様に時間を割いて欲しいと電話をするため、当然断られることがほとんどです。中には、怒ってしまうお客様もいます。

アポイントを取らないと成果にならない

テレアポはアポイントを取得しないと成果としてみなさないケースが多くあります。

商材に依っては、アポイント取得の難易度が高いこともあり苦戦することもあると思います。テレアポの仕事は目標があることがほとんどの為、アポイントが取れないとストレスを

感じることもあります。

単調な仕事である

テレアポの業務は基本的には同じこと繰り返しです。多いときは一日中電話をかけて終わってしまう日もあるかもしれません。単調なことの繰り返しになるので、刺激がありません。

テレアポに向いている人の特徴

メンタルが強い人

テレアポは、断られるのが当然なので一喜一憂することなく、常に平常心で

架電し続けることができる人が向いていると言えます。大抵の人はメンタル的に疲れてしまって続かないケースがほとんどですが、逆に気にならない人であれば、適性があると言えるでしょう。

コミュニケーション力がある人

人と人との対話から成り立つ業務なのでしっかりお客様の意見を受け止め

的確に返答できる人が向いてます。アポイントを取る仕事ですから、こちら側の主張もしっかり行いつつ相手の悩みや課題をしっかり聞いてあげられる人が良いでしょう。

相手の状況が把握できる

俗に言う空気が読めるかどうかである。お客様の反応や状況を把握しながら

会話ができる人が向いてます。相手が話したい雰囲気なのに、こちら側が一方的に話していると相手はストレスを感じてしまいます。電話越しですが、相手の反応を細かく察知しながら、話せる人が向いているでしょう。

テレアポで身につくスキル

会話力・コミュニケーション力

コミュニケーションを考えるうえで最も大切なことは、「双方向のもの」ということです。
テレアポの業務は、電話対応していく中でわかりやすく”商品やサービスの説明をする力・話を聞くうえで相手の言いたいことを把握し読み取る力
が養われていきます。

正しく丁寧な言葉遣い

テレアポ業務は相手に良い印象を持ってもらうために正しく丁寧な言葉遣いが求められます。たとえば、「了解しました」ではなく、「承知いたしました」のような正しい敬語の使い方や、物腰柔らかい話し方など。日々の仕事のなかで意識して話をするため、電話対応を重ねるうえで身に付きます。

鋼のメンタル

主にアウトバウンドコールは、嫌われ仕事の一つです。
架電の9割以上が、営業電話を嫌い、断わってきます。ただ、そのような大変な業務を継続していると気付かないうちに、恐ろしいほどの鋼のメンタルが形成されていきます。

テレアポ代行会社を使うメリット

テレアポのプロに任せることができる

テレアポのノウハウや経験が豊富な為
自社にはないプロフェッショナルなノウハウを取り入れることができ
高い質のアポイントを獲得することができます。

営業マンは営業活動に専念できる

テレアポを外部に委託することで、効果的にアポイントを獲得でき
アポイント獲得後の商談・営業活動に専念できるようになります。
リソース不足に直面しがちな昨今、リソースを商談に注力できるようになります。

営業経費の削減

テレアポ業務を自社で遂行する場合
従業員の教育や研修といった部分に時間とコストが
かなりかかってくる。
そのため、テレアポ業務を丸ごと外部に委託することで、人件費を大幅に抑制することができます。

質の良いテレアポ代行会社とは

世の中にはたくさんのテレアポ代行会社があります。どの会社を選択するかは、迷い所ですがテレアポとはアポイントを取得することですので、より多くのアポイントを取得できる会社が良いと言えるでしょう。弊社株式会社スウィークでもアポイント取得率には非常に拘っております。業界の平均と弊社の実績なども分かるデータが欲しい方は以下のページよりお問い合わせください。

ABOUT ME
Jun
SWEEKの執行役員。 外資系人材営業、半導体商社営業を経てSWEEKにジョイン。 B2B営業の外資系企業へのテレアポ経験や当社での立ち上げ当初の顧客は全てテレアポで開拓。現在は、Webマーケティング業務に従事。