Sales Week


営業活動についてのノウハウや役立つ情報を発信するブログ

テレアポノウハウ

【必見】テレアポに向いている声質とは?

2023/06/12

【必見】テレアポに向いている声質とは?

テレアポをしていると自分の声質が、聞き取りにくいのか不安になることってありますよね。

お客さまにも時間をとらせているわけですから、なるべくお互いが良い関係になるようにするためには声質にも気を遣うべきです。

人は無意識のうちに声質によって印象を決めています。

見た目、しぐさなどの視覚情報が55%・声質、大きさなどの聴覚情報が38%、言葉自体の言語情報が7%だといわれています。

そのため声質によってテレアポの成約率や、キャンセル率の改善につながります。

もし自分の声が聞き取りにくいのではと考えている人も調べ方や、改善の方法があります。

この記事からわかること
  • 声質がいいとは
  • テレアポに向いている声質の種類
  • 聞き取りにくい声の治し方

本記事ではテレアポ業務を円滑にするための声質について紹介しています。


今テレアポ業務に携わっていて自分の声に不安になっている方や、声質を改善したいと考えている方は読んで参考にしてください。

声質がいいとは

自分の声質の調べ方や確かめ方はかんたんです。

手を胸に当て、下に引っ張るようにしながら「あー」と発声してみましょう。

手を当てている部分が振動している感覚を感じられます。

この状態が自分の地声や声質なので、自分がどういった声なのか気になるときにチェックしてください。

またここでは声がどうやって決まるのかも解説していきます。

人の声の高さが決まるのは1秒間に何回、声帯が振動したかの振動数です。

単位はヘルツ(Hz)で表され、数値が高いほど高い声になります。

たとえば男性よりも女性の方が、声の高さが高いので声帯の振動数も高いです。

次にテレアポに向いている声はどういった声質なのかを紹介していきます。

テレアポに向いている声質の種類

テレアポに向いている声質の種類

自分の声がテレアポ業務に向いているか、向いていないのか気になりだしたら不安になってしまいますよね。

ここでは声質の種類ごとに特徴を紹介していきます。

声質の種類は下記のように大きく3つに分けられます。

  • 息っぽい声質
  • 鳴りやすい声質
  • ハスキーボイス

順番に解説していきます。

息っぽい声質

息っぽい声質は声帯がしっかりと閉じにくいため、さらりと漏れるような声になり声に力を出しにくいです。

そのためテレアポ業務でも、大切な内容もサラッと流されてしまう可能性があります。

大切な内容を伝えるときには、ゆっくりハッキリ伝えるようにすると相手に内容や大切さなどが伝わりやすくなります。

いつも気を付ける必要はありませんが、ここぞというときには気を付けてみてください。

鳴りやすい声質

鳴りやすい声質は力強く温かい印象を与えられる声質です。

そのためテレアポ業務でも相手にいい印象を与えられる声質といえます。

ただしどれも同じように話しているのでは、何が大切で伝えたい内容なのかわかりにくい印象を与えかねません。

流してもいい内容はサラッと意識し、伝えたい内容はしっかり伝えると成約やキャンセル防止につながりますよ。

ハスキーボイス

ハスキーボイスはしゃがれた声・かすれた声で、テレアポ業務に向いてないかもしれないと感じてしまう人も多いです。

しかしハスキーボイスでも業務に差し支えなく色気があり、より印象に残る可能性があります。

仮に風邪気味でハスキーボイス気味になったりする場合もありますが、きちんと落ち着いて業務に携わってください。

声質の違いによって成約率が変わる

「声質を変えることができる?」でも紹介しますが、自分の声質は基本的には変えられません。

しかし話し方に気を付けたり、工夫することで業績に影響をあたえます。

下記に話し方のポイントを紹介していきます。

[jin_icon_checkcircle] 話し方のポイント
  • 声が低く落ち着いて聞こえる
  • 声がよく通る
  • 滑舌がよく聞き取りやすい
  • 話すトーンがゆっくりしている
  • ハスキーで色気がある
  • ハキハキと話している

上記のように伝えると、相手に良い印象を与えられます。

また表情やアクションは実際に行うことをおすすめします。

意外かもしれませんが、笑い声なども自分のいい印象を与えるのに効果的ですので、少し入れるようにしてもいいかもしれません。

声質を変えることができる?

もし自分の声質が気に入らなくて「変えられるなら声質を良くしたい」などと考えている人もいるかもしれません。

ここでは声質についてより深く解説していきます。

声質は変えられない

基本的に声質は変えられません。

声質は首の長さ・ 身長・骨格などで決まる場合が多く、自分の身体は変えられないので必然と声質も変えられません。

声質で声が通らない・通りにくいと感じている人で、自分はテレアポ業務に向いていないのかもしれないと悩んでいる人もいます。

そういう人はまず、姿勢に気を付けてみましょう。

姿勢が悪いと必然的に声が通りにくくなります。

猫背の人・顎が上がっている人は姿勢が悪くなりがちですので、日頃から気を付けてください。

声質を高くする

声質が悪いと気にしてしまう人は、通常よりも2トーン高く話すように気を付けてください。

ドレミファソラシドの音階でいえば「ソ」の音です。

意識的に高さを高く出すことで、明るくさわやかな印象を与えられます。

第一声に気を付けておくと、第一印象がよくなりそれ以降の会話も改善される可能性がありますよ。

声質が聞こえにくいときの直し方

これまで紹介したような点に気を付けても、相手に「聞き取りにくい」など言われてしまったらショックですよね。

声質が聞こえにくいときの改善方法は、下記のような方法があるので一度試してください。

声質が聞こえにくいときの改善方法

[jin_icon_number1circle]自分の声を録音して聞いてみる
[jin_icon_number2circle]舌の動きをよくするトレーニングを行う
[jin_icon_number3circle]腹式呼吸を意識する
[jin_icon_number4circle]喉の筋トレを行う
[jin_icon_number5circle]ゆっくりと抑揚をつけて話す

声が聞き取りにくいといわれたときには、一度自分の声を録音して聞いてみるといいでしょう。

自分がいつも聞いている声と、録音した声ではずいぶん違った印象だと気が付くはずです。

下を動かすトレーニングも1日数分行うだけで改善する場合もあるので、気になる方は試してください。

まとめ

今回は声質とはどういったものかを紹介してきましたが、まとめると下記のようになります。

自分の声質の調べ方は、手を胸に当て「あー」と発声するといいです。

また声質の種類は、息っぽい声質・鳴りやすい声質・ハスキーボイスがあり、種類ごとに気を付けるべきポイントを紹介しました。

声質は変えられないので声質が聞き取りにくいと感じている方は、話し方や改善方法を試してください。

本記事を参考に少しでも、自分の声質についての悩みを解消してください。

資料ダウンロード

    ご希望の資料

    会社名・店舗名必須

    メールアドレス必須

    電話番号必須

    従業員必須

    個人情報保護方針

    当サイトは、お客様の個人情報の保護に努め、以下の方針に基づき適切な取り扱いを行います。

    個人情報の収集・利用目的
    当サイトは、お問い合わせやご注文の際にお客様からご提供いただいた個人情報を、お客様との連絡やご注文に必要な範囲内で利用します。また、法令に基づき開示が求められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

    個人情報の安全管理措置
    当サイトは、個人情報の漏洩、滅失、毀損等の防止のため、情報セキュリティに対する取り組みを実施します。

    個人情報の開示・訂正・削除等について
    当サイトは、お客様ご本人からの個人情報の開示・訂正・削除等のご依頼があった場合は、合理的な期間内に対応いたします。また、個人情報に関する苦情・相談等につきましても適切かつ迅速な対応を行います。

    個人情報保護方針の見直し
    当サイトは、法令の改正等に応じて、本方針を適宜見直し、改定いたします。

    以上が、当サイトの個人情報保護方針となります。ご不明な点がございましたら、下記までお問い合わせください。
    【個人情報に関するお問い合わせ窓口】
    株式会社スウィーク
    〒541-0047
    大阪市中央区淡路町4丁目3−10
    TMMビル 3F
    TEL:06-6556-9901
    Mail:contact@sweek.co.jp

    プライバシーポリシーに同意する

    CONTACT

    お問い合わせ

    お電話でのお問い合わせ

    お電話でのお問い合わせ 06-6556-9901

    受付時間:月 〜 金 10:00 ~ 18:00(土日祝除く)

    Webからのお問い合わせ

    Webからのお問い合わせ contact@sweek.co.jp

    資料請求

    お役立ち資料ダウンロード お役立ち資料ダウンロード