Sales Week


営業活動についてのノウハウや役立つ情報を発信するブログ

テレアポノウハウ

【必見】テレアポにおける繋がりやすい時間は?テレアポ会社がおすすめの時間帯を解説

2023/06/12

【必見】テレアポにおける繋がりやすい時間は?テレアポ会社がおすすめの時間帯を解説
この記事から分かること
  • テレアポのおすすめの時間帯を解説します。
  • 業種ごとのおすすめ時間帯を解説します。
  • テレアポの成功率を上げるコツを紹介します。

テレアポがなかなか繋がらない理由は?

自分の都合だけで、相手の都合を考えず闇雲に架電をしていませんか?

忙しいときの電話は出られないことが大半です。電話よりも目の前の仕事の方が、優先順位が高いケースが多いため仕方がありません。

また、担当者が忙しいときは取り次がないように言っていることもあります。電話口に出てもらうためには、相手の都合を一番に考えてみてはいかがでしょうか。

法人へのテレアポが成功しやすい時間帯

テレアポを成功させるためには、まず担当者と電話が繋がらなければ話になりません。担当者が不在のときに架電をしても話ができないですし、忙しいときは取り次いでもらえないことも多いです。

相手が電話口にでやすく、話を聞きやすい最適な時間帯に架電をして、効率よくテレアポの成果を上げましょう。それでは、最適な時間帯というのは、いつ頃かを解説していきます。

午前中

始業1時間後〜11時の時間は、担当者と電話が繋がる可能性が高いです。

始業すぐのタイミングは、朝礼や社内連絡、メールの確認など仕事の準備に忙しいケースが多く、相手の方の迷惑になってしまうため避けたほうがよいでしょう。そのため、確認業務が一段落するであろう始業から1時間ほど経過してからの架電が理想的です。

午前中に担当者と話ができれば、スケジュールによってはその日の午後に商談や訪問の約束を取り付けられる確率も上がります。

したがって、テレアポに最もおすすめの時間帯は、始業1時間後からの午前中です。

夕方

会社によって違いますが、16時前後の夕方は電話が繋がりやすくなります。

16時頃には外回りの営業職の人も会社に戻り、デスクワークをおこなっていることが多い時間帯です。そのため電話も繋がりやすく、1日の仕事がひと区切りしているタイミングで話もしっかり聞いてもらえる可能性があります。

ただ、終業時間の間際は帰宅準備をしている人もいるかもしれないため、避けるのが無難です。面倒だったりして、きちんとした対応がしてもらえないかもしれません。また、終業後の架電は悪印象になることもあるので控えた方がよいです。

業種別おすすめの時間帯

ここまで、一般的な会社へのテレアポが成功しやすい時間帯を説明しましたが、業種により繋がりやすい時間はさまざまです。

業種ごとに、最適な時間を狙って架電をしましょう。

▼業種別テレアポの成功率が上がる時間帯

一般企業始業1時間後〜11時、16時前後
飲食店14時〜16時 ※ランチタイムは避ける
美容室9時〜10時 ※営業前・営業後もOK
不動産9時〜10時
診療所・クリニック8時 ※診察開始前か診察終了直後が繋がりやすい

業種別おすすめの曜日

業種により休日が違うため、時間帯と同様に電話が繋がりやすい曜日も変わってきます。

営業していない日に、架電をおこなっても意味がありません。業種ごとに休日を把握して効率のよい架電をしましょう。

▼業種別テレアポの成功率が上がる曜日

一般企業火曜日〜木曜日
理美容室火曜日〜日曜日
不動産木曜日〜火曜日

一般企業の場合、月曜日は週の始まりで会議などが入っていたり、金曜日は仕事の締切になっていたりと、忙しいことが多いため電話にでられない可能性が高い曜日です。

理美容室は、全国的に月曜日が定休日のところが多く、不動産業界は水曜日が定休日のところが通常です。

個人へのテレアポが成功しやすい時間帯

個人宅へのテレアポは、電話をかける相手の立場や業種により成功しやすい時間帯が変わってきます。相手がどんな生活スタイルの人であるのか、前もって分かっている情報から想像してみましょう。テレアポの成果を上げるためには、電話が繋がり話に耳を傾けてもらえそうなタイミングを見極め、効率よい架電が大切です。

昼〜夕方

テレアポの相手が主婦のときは、正午過ぎから16時くらいまでの時間がおすすめです。

午前中は、家族を学校や会社へと送り出したり、掃除や買い物などの家事をしたりと忙しい主婦が多いです。そして、夕方以降は、夕食の準備を始めるため、バタバタとせわしない時間になります。そのため、午前中と夕方以降の多忙な時間帯の架電は、電話が繋がったとしても迷惑だと感じてしまうでしょう。

昼食を済ませたあとから夕方までの家事が落ち着いている時間の架電の方が、話を聞いてもらえる見込みがあります。

終業後

テレアポの相手が会社員のときは、主婦のケースとは異なり日中に架電をしても繋がらないことの方が大半です。もし、電話が繋がったとしても忙しくて話を聞いてもらえないことがほとんどですし、仕事中である相手の迷惑になってしまいます。

そのため、架電は終業後の時間帯がベストです。一般的な会社員でしたら17時〜19時の時間が理想的でしょう。

もしくは、在宅している見込みが高い土日もおすすめです。

テレアポのマナー違反に注意!

テレアポでは、相手により良い印象を与えることも結果を出す大切なポイントです。顔が見えないからこそ、マナーはしっかり守り、相手に不信感を抱かせない配慮が必要になります。架電をする際には、マナー違反だと思われる時間帯にならないように注意が必要です。

ランチタイムは避ける

どのような業種でも、ランチタイムに架電をすることはマナー違反です。ランチタイムの架電は、貴重な休憩時間を奪うようなことになり、印象を悪くします。一般的な昼食の時間である12時〜13時の架電は、避けましょう。

忙しい時期・時間帯は迷惑

相手の忙しい時期や時間の架電は、控えましょう。物理的に対応が難しいですし、多忙なときにかかってきた電話に、良い印象を持つ人は少ないです。

業種により繁忙期は異なるため、前もって相手の業種や繁忙期は調査をしておきましょう。

20時以降は法律で禁止

事業者による違法・悪質な勧誘行為を防止する法律として、「特定商取引に関する法律」が定められています。この法律で、迷惑と感じる時間帯の架電は違法とされています。そのため、夜20時以降の架電は避けるべきです。

また、夜遅い時間の電話は、非常識だと思われることもあります。夜遅い時間帯や朝早い時間帯は控え、常識的な時間に架電をおこないましょう。

テレアポの成功率を上げるコツは?

テレアポの成功率を上げるために、時間帯を意識して電話をしてみたがイマイチ成果がでない、という時には以下のことも試してみてください。

1日に数回かけてみる

1日に1回かけて「繋がらなかった」と諦めてはいけません。繋がらなくても、1日に数回は架電をしましょう。しかし、ただ闇雲に架電していても意味がありません。「担当者が不在」と担当者に繋がらなかったときも時間帯を変えることで、担当者の行動パターンを把握することにつながります。そして、相手の行動パターンを予測して次のテレアポへとつなげていきましょう。

繋がりやすい時間を聞く

「担当者が不在」と断られたときには、電話の相手の方にいつ戻るのかを質問してみるのもひとつの手です。1日不在なのか、たまたま離席しているだけなのか、教えてもらえれば架電をし直すタイミングが分かります。電話口の相手も担当者不在の時に、何度も対応するよりは担当者がいるときに電話をしてもらった方が面倒でない、ということで質問に応えてくれるかもしれません。

担当者と繋がりやすい時間帯が分かれば、テレアポの成果も上がります。

まとめ

今回は、テレアポにおける繋がりやすい時間帯について、法人と個人をそれぞれ解説しました。

テレアポは、まず電話が繋がらなければはじまりません。法人の場合は業種により、個人の場合は主婦なのか会社員なのかで、繋がりやすい時間帯は異なります。テレアポで成果を上げるためには、相手の方がどのような方でどのような行動パターンであるのかをリサーチすることが重要です。マナー違反に注意しつつ、今回解説した内容を活用して架電をおこないましょう。架電をする時間帯を工夫すれば、きっとテレアポの成果も上がりますよ!

弊社ではテレアポのプロによるスクリプトを作成・運用を通してベストな営業支援をサポートしております。ぜひ一度、詳しくお問い合わせください。

資料ダウンロード

    ご希望の資料

    会社名・店舗名必須

    メールアドレス必須

    電話番号必須

    従業員必須

    個人情報保護方針

    当サイトは、お客様の個人情報の保護に努め、以下の方針に基づき適切な取り扱いを行います。

    個人情報の収集・利用目的
    当サイトは、お問い合わせやご注文の際にお客様からご提供いただいた個人情報を、お客様との連絡やご注文に必要な範囲内で利用します。また、法令に基づき開示が求められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

    個人情報の安全管理措置
    当サイトは、個人情報の漏洩、滅失、毀損等の防止のため、情報セキュリティに対する取り組みを実施します。

    個人情報の開示・訂正・削除等について
    当サイトは、お客様ご本人からの個人情報の開示・訂正・削除等のご依頼があった場合は、合理的な期間内に対応いたします。また、個人情報に関する苦情・相談等につきましても適切かつ迅速な対応を行います。

    個人情報保護方針の見直し
    当サイトは、法令の改正等に応じて、本方針を適宜見直し、改定いたします。

    以上が、当サイトの個人情報保護方針となります。ご不明な点がございましたら、下記までお問い合わせください。
    【個人情報に関するお問い合わせ窓口】
    株式会社スウィーク
    〒541-0047
    大阪市中央区淡路町4丁目3−10
    TMMビル 3F
    TEL:06-6556-9901
    Mail:contact@sweek.co.jp

    プライバシーポリシーに同意する

    CONTACT

    お問い合わせ

    お電話でのお問い合わせ

    お電話でのお問い合わせ 06-6556-9901

    受付時間:月 〜 金 10:00 ~ 18:00(土日祝除く)

    Webからのお問い合わせ

    Webからのお問い合わせ contact@sweek.co.jp

    資料請求

    お役立ち資料ダウンロード お役立ち資料ダウンロード